カナダ永住権・申請フローチャート

カナダ投資移民の最新情報 Certified Office Canada
東京都港区虎ノ門 4-3-1 城山トラストタワー 27F
www.tcpm-21.com  Tel. 03-5404-8595

カナダ移民申請・フローチャート

投資ビザカテゴリー・ビザ認可迄のフローチャート

1 お問い合わせ・ご面談
2 詳細の分析・結果ご報告 下記  Note #1 参照 
   
3 ご契約締結・永住権申請  
   
4 お客様: 各証明書類の収集・ご準備
当事務所: 申請書類作成・認証英語翻訳開始
下記  Note #2 参照
5 お客様: 申請書類内容ご確認
申請書類一式をカナダ移民局・予備審査機関に提出
6 予備審査機関による Screening (予備審査) 完了
7 カナダ移民局: 申請正式受理 ファイルナンバー発行 下記  Note #3 参照
8 カナダ移民局で面接  (面接免除の場合もあります) 下記  Note #4 参照
9 書類審査パス・ビザ発給内示
10 投資金払込 下記  Note #5 参照
11 州政府から移民受入証 Certificate 発給
12 カナダ連邦政府移民局宛・永住権ビザ発給申請
(パスポートコピー & 無犯罪証明書等の提出)
13 移民局指定・東京都内の病院で健康診断受診
(海外主要都市でも受診可能です)
下記  Note #6 参照
14 カナダ移民局から永住権ビザ発給・お届け
15 ビザ発給後のカナダ移住・現地サポート
(医療保険・社会保険加入・不動産賃貸契約・ご購入)
下記  Note #7 参照
16
ビザステータスの維持
(ビザ失効等トラブル回避の為の正確なサポート)
下記  Note #8 参照


Note #1:
カナダ投資ビザ審査基準は保有純資産額・管理職経験等を数字で規定されております。過去に海外オーバーステイ等の犯歴が無い、通常の方であれば有償の分析作業は不要、永住権ビザ認可可否の判定が可能です。

Note #2:
申請に必要な証明書類はパスポートコピー、戸籍謄本、資産証明 (= 銀行残高記録・不動産登記簿謄本・証券取引報告書)、確定申告書控・最終学歴修了証明・Credit Report・無犯罪証明書等々となりますので、効率的な書類収集の為に当事務所が丁寧にサポート致します。

Note #3:
予備審査機関による 予備審査・Screening を経てカナダ移民局で申請が正式受理されますと File Number が文書で通知されます。

Note #4:
面接はカナダ移民局・香港オフィス、またはモントリオールオフィスで行われます。面接の三か月前に面接日時を指定したレターが送付されます。直近五年間に於いては「面接免除」のケースも増えております。

現在、永住権申請開始からビザ発給・認可迄の総所要期間は  20 ~ 30ケ月程度となっております。


Note #5:
書類審査パス (面接パス、または面接免除) が確定しますと「永住権発給内示」が通知され 120 日以内に投資金払込実行を要請されます。

Note #6:
ビザ発給前に移民局指定の東京都内のクリニックで Medical check 受診を要請されます (海外の主要都市に所在する指定クリニックでも受診出来ます)。

Note #7:
永住権ビザ発給後・カナダ渡航の際、バンクーバー地域に於きまして各種サポート (= 医療保険等加入・学校区域選定・不動産賃貸契約・不動産購入) を行っております ⇒ 移民後のサポート詳細

Note #8:
法令を遵守され移民法の基本事項をご理解いただければビザ失効・入国拒否等のトラブルに遭遇することはございません。「各 5年毎の期間に於いて通算 730日以上カナダ国内に居住」「毎年の税務申告」というカナダ永住権保持者としての義務を履行されていれば通常、特別な対応・ご準備は基本的に不要です。しかし長期間カナダ国外に在住されていた場合は、個々の状況により移民局の対応が異なる場合もありますのでご注意下さい。

英語をお話にならない方、英語が堪能であっても移民局オフィサーとの英語での質疑応答に少しでも不安をお持ちの方にはご要望に応じビザ取得後の入国審査に於けるサポート、移民局向けオフィシャルレター作成も丁寧に行っておりますので以降もご心配をされることなくビザステータスを維持いただけます:
移民後のサポート詳細

お問い合わせフォーム


カナダ美景

カナダ移住・参考リンク

私共の取り組み
カナダ移住・初歩的な質問 Q&A
カナダ投資移民・詳細
カナダ大使館・ビザ査証課の状況
カナダ移住・公式ロゴ
法律事務所・カナダ政府認可


↑ PAGE TOP

現在位置: Home > カナダ永住権取得迄のアプローチ・流れ