バンクーバー不動産情報

カナダ投資移民の最新情報 Certified Office Canada
東京都港区虎ノ門 4-3-1 城山トラストタワー 27F
https://tcpm-21.com  Tel. 03-5404-8595

バンクーバー不動産情報

カナダ バンクーバー地域での不動産取引 関連税務情報をお書きします。2017年8月、2018年1月に取得税 住宅ローンに関する新ルールが適用されております (下記詳述)。 カナダ不動産取引の詳細

カナダでの不動産取得、税金について:
カナダの都市は大変清潔で汚染もされておらず自然も雄大で良く保護されています。美しい環境のもと多民族間の調和のとれた社会を目指しています。不動産 住宅コストはカナダでも上昇しており、温暖な気候で北米でも屈指の住宅地であるバンクーバー地域での過去 20年間の住宅上昇率は目覚ましいものです。バンクーバー地域の住宅価格上昇の要因は二点指摘されます: 一点目は、バンクーバーが国連人間開発指標の生活レベル地域ランキングに於いて長年、世界一位、または上位三位以内に評価され世界中から人材 不動産市場への資金が流入してきたこと、二点目は不動産開発 政府認可取得に関連したコスト上昇です。

しかし日本の様な少子高齢化 人口減少といった要因が無いことから住宅価格暴落リスクは少ないものと見られております。しかし不動産 住宅の購入は一生で最大の買い物ですので綿密な事前調査が必要です。現在でも不利なローン条件設定のケース等が散見されます。当社では現地で信頼できる不動産業者スタッフをご紹介致します。

また "Canada Mortgage and Housing Corporation" (CMHC) カナダの住宅購入者に住宅ローン保証 住宅全般に関する情報を発信する機関もご紹介し、カナダ移住をされたお客様が十分なデータを踏まえられて選択される様に致します。

Memo #1:
日本とは人口 年齢構成等が異なり、カナダでは Resale value が比較的安定していることから、一生の間に居宅を 3 ~ 4回買い替えるケースも少なくありません。また、それぞれの町 区域には特徴 歴史をがありますので、目的 (居住用 準投資用 投資用等) と家族構成を踏まえられ 10 ~ 20年スパンの計画をお立てになることも選択肢となります。
 
Memo #2:
2017年 8月2日から外国人だけを対象とした不動産取得追加税 15%が設定されております。カナダ市民権 カナダ永住権保有者は対象となりません。

Memo #3:
住宅ローン審査厳格化: 2017年12月5日 カナダ金融機関監督庁 OSFI (the Office of the Superintendent of Financial Institutions) が住宅ローンに関する新ルールを発表しました。概要は 2018年 1月1日以降申し込みの住宅ローン審査に於いて、従来は頭金 20%未満のケースで課されていた "Stress-test" が、頭金20%以上を支払う住宅購入者にも課されることになります。"Stress-test" では、5年もの Benchmark 高レート (= 現在 4.89%)、または契約予定レートに 2% 上乗せしたレートで審査が行われます。従いまして借入可能額が大幅に抑えられ、前述の外国人を対象とした 15%追加取得税のインパクトと併せ、上昇を続けてきたバンクーバー不動産市場が徐々にソフトランディングに向かうことが予想されます。カナダ金融機関監督庁 (OSFI) の管轄外となる住宅ローン専門会社 業者からは従来と同等条件のローン商品が提示される場合がありますが特殊要件が付帯される場合がありますので契約内容の事前精査は必須となります。

バンクーバーの不動産、コンドの最新リスト価格の情報:
http://www.realtylink.org/
 
住宅取得のプロセス:
  1. 不動産登記所で登記内容を調べ問題点の有無を確認。
  2. 鑑定専門家に依頼、不動産価値を分析し市場適正価格を確認。
  3. 近辺の類似物件を探し、その過去の実取引価格を調べます。
  4. 弁護士選定 (銀行融資に関しては後半の説明を参照)。
  5. 契約成立時、Deposit (= 例 : 購入金額の 10%) を担当弁護士に預ける。この Deposit 購入資金の一部に充当します。
  6. 決済計算明細書 固定資産取得税申告書 市民権または永住権等の書類を揃えます。
  7. 決済日まで決済資金を準備、弁護士に預けます。
  8. 弁護士は署名済みの移転登記書を提出、名義変更を行い銀行融資を利用 する場合、名義変更手続き完了を銀行に通知、資金融資実行を依頼します。
Memo #1:
Joint tenant: 夫婦 親子 親類等と一緒に不動産所有権を均等所有登記することが可能です。
 
Memo #2:
British Columbia 州では外国人に対する不動産取得制限がなく、19歳以上であれば何方でも登記可能です。但し前述の通り 2017年 8月2日から外国人だけを対象とした不動産取得追加税 15%が設定されております (カナダ市民権 永住権保有者は対象となりません)。

 
住宅に関連した税金:
GST (物品 サービス税) :
新築物件のみ課税。しかし一部還付適用されるケースもあります。
 
固定資産取得税:
購入時に一度だけ課税、税率は 20万ドル迄が 1%。20万ドル超の部分は 2%。
 
Property tax (不動産税):
日本の固定資産税に相当、併せて School tax があります。課税査定には市場価格が反映されるが、それよりも 20 - 30% 低く査定される場合もある。また65歳以上の高齢者向けには還付制度もあります。
 
不動産売却に伴う税金:
所有者が実際に居住していて売却した場合は、売却益にたいする課税はありません。投資物件として賃貸していた場合は、売却益はその年の収入に合算し申告します。
 
非居住者の場合の不動産売却に伴う税金は、利益の 33.5% を納付します。
 
実際に本人達が居住用として使用している家屋を、配偶者または子供等に相続する場合は、相続税または贈与税は適用されません。但し、投資用目的等で実際に居住しない家屋または複数の不動産を所有している場合は相続税または贈与税が課される場合があります。

 
注記:
カナダ移住、永住権を取得し日本の住民票を廃止した場合でも、引き続き日本国内に不動産等の資産を残されている場合はその資産に関わる税金は日本の税務当局より課税されます。尚住民票は廃止をしても日本国籍を維持される限り、何時でも住民票の復活は簡単な手続きで可能です。

Tip バンクーバー不動産取引 詳細:
 
カナダ ウェブツアー:
バンクーバー
モントリオール ケベック
バンクーバー景勝地の写真

カナダ移民リンク

私共の取り組み
カナダ移住 よくいただく質問 Q&A
カナダ永住権 概要
カナダ投資移住 概要
カナダ大使館 ビザ査証課の状況 
カナダ移住 公式ロゴ
法律事務所 カナダ政府認可


↑ PAGE TOP

現在位置: Home > カナダ不動産取引について