カナダ移民の最新ニュースと解説です

カナダ投資移民の最新情報 Certified Office Canada
東京都港区虎ノ門 4-3-1 城山トラストタワー 27F
https://tcpm-21.com  Tel. 03-5404-8595

COVID-19 カナダ渡航制限アップデート

Date: Jan. 7, 2021:
カナダ渡航者全員(5歳以上)に PCR検査・陰性証明提出義務化:
カナダ政府は2021年1月7日午前12時1分(東部時間)以降、5歳以上の全てのカナダ渡航者を対象に PCR検査・陰性証明提出の義務化を発表しました。PCR検査 (COVID-19 分子ポリメラーゼ連鎖反応)は、カナダ渡航出発予定時刻の72時間以内に行い、搭乗時に陰性証明を航空会社チェックインカウンターに提出する必要があります。これは従来の COVID-19 対策への追加策として発表されたもので、検査結果が陰性でカナダ入国が許可された場合でも、従来のカナダ入国後14日間の自己検疫義務は継続、徹底化されます。自己検疫の実施状況が適切ではないと判断された場合はカナダ連邦検疫施設での検疫が必要となります。

今後のカナダ渡航手続き:
有効なカナダ永住権(PR Card), 市民権カード(Citizenship Card), "COPR" "PRV" の何れかが, お手元にあることをご確認下さい。 "ArriveCANアプリ" またはウェブサイトにアクセスし、カナダ国内の連絡先の情報と14日間検疫計画を提出します。現在、カナダ国外を旅行・渡航中のカナダ人(= カナダ市民権者) がカナダに帰国する場合も適用されます。この法令に違反した場合、最大6ヶ月の懲役, または最高75万カナダドルの罰金刑が科せられます。

ArriveCAN アプリダウンロード ⇒

Note:
2021年1月時点で下記対象者のカナダ渡航が認められております:
カナダ市民(二重国籍者も対象) / カナダ永住権保持者 / カナダ永住権ビザ発給を受けた者 / 特定の一時滞在・外国人労働者 / 指定のカナダ国内の学校・教育機関に在籍する留学生(有効な Study permit 保有) / 保護対象者 / カナダ市民、またはカナダ永住権保持者の直系家族 / 人道的理由によりカナダ入国を必要とする者 / その他カナダ政府が認める条件を満たす者。

厚生労働省 ⇒ PCR 検査機関リスト(2020年12月28日)

検疫計画書 Quarantine plan について:
カナダ渡航者は搭乗前に "検疫計画書" の提出が義務付けられております。この計画書では、カナダ到着後以降の14日間の検疫実施方法、検疫期間中の食料品・薬等の必需品の手当の方法の詳細を記述する必要があります。また、カナダに14日間以上滞在する予定がない場合は、カナダ入国が許可されない可能性があります。この場合、カナダ滞在が 14日以内である正当な理由を提示し事前承認を得ることをお勧めします。COVID-19の症状が出ている方は、カナダ渡航制限が免除されている場合でも、カナダ入国が拒否される可能性があります。ただし、カナダ公衆衛生局(PHAC)公式サイトによれば、カナダ市民権・カナダ永住権保持者、渡航制限免除対象の方は一定の条件下で入国が認められます。

検疫について:
隔離された場所に留まり、必要な食料品・医薬品等の手当方法の詳細を記述した計画書を提出する必要があります。検疫期間中は、共用部分の使用禁止、2メートル以上のソーシャルディスタンスを確保するにしても外部からの来客者と面会することは出来ません。渡航者・旅行者が他の人と同行している場合は、寝室とバスルームは別々に用意、マスク装着、同行者との接触は出来るだけ制限、距離を確保、共用部分は必ず清掃する必要があります。


Date: Jan. 7, 2021:
オンタリオ州 COVID-19 検査プロジェクト:
カナダ最大の国際空港であるトロント・ピアソン国際空港(オンタリオ州)では、空路到着し同州内に 14日間以上滞在する外国人旅行者を対象に2021年1月6日から COVID-19検査無料で実施するパイロットプロジェクトを開始しております。ピアソン空港には毎週6万人以上の外国人乗客が到着しており、その中にはカナダ永住権者、留学生、外国人労働者が含まれます。同パイロットプロジェクト参加要件を満たした方は、空港到着時、または到着前に、検査プログラム参加登録を行い、空港内の専用施設で自分で採取した検体を用いてPCR検査を無料で受けることが出来ます。検査を自分で行う際には、医療スタッフが直接、または遠隔ビデオでサポートします。検査結果は48時間以内にオンタリオ州が管理する検査情報データベースにアクセスし確認することが出来ます。陽性反応が出た場合には同州公衆衛生部門がフォローアップを行います。現時点では、この検査を受けた場合も、"カナダ連邦政府規定の空港到着後14日間の自己検疫義務" は免除されません。また、このプログラムは、2021年1月7日から施行されている "カナダ到着前 72時間以内の PCR検査受診・陰性提出義務化" と並行して実施されております。同様の COVID-19 検査試験プロジェクトは、アルバータ州・カルガリー空港では 2020年11 月から開始されており、アルバータ州保健省によりますと、この試験プロジェクトはCOVID-19 水際対策で成果をあげております。


Date: Jan. 1, 2021:
カナダへの渡航後、カナダ出国迄の期間、検疫を継続していた場合は 14日間の検疫期間終了前のカナダ出国が認められます。カナダ公衆衛生局(PHAC)担当者から CTV News 社に送られた電子メールによりますと、カナダ渡航者は出国する迄の期間、検疫を継続していたことを条件に、2週間以内にカナダを出国することが出来ます。しかし検疫期間中に COVID-19の症状が出た場合は、無症状になる迄待機、または COVID-19 検査結果が陰性であることを示す診断書を提示する必要があります。

カナダ渡航者は特例を除き、COVID-19 対策の一環として14日間の自己検疫が法律で義務付けられており、これはカナダ市民権・カナダ永住権保持者にも適用されます。


Date: Jan. 1, 2021
就労ビザ所持者の家族の渡航許可


Date: Dec. 21, 2020:
米国人旅行者のカナダ渡航制限を 2021年1月21日迄再延長することが発表されました。米国からの旅行者に対する渡航制限を延長するのは 3月21日に渡航制限を発効してからこれで9回目となります。一方、カナダ人は米国内の特定の目的地に航空機で渡航することが出来ますが、米国からの旅行者は、渡航制限の免除措置を受けているか、または正当な理由を提示してカナダ入国許可を得る必要があります。

米国からのカナダ渡航が認められるのは、カナダ市民・カナダ永住権保持者・カナダ人の直系家族、承認されたカナダ就労許可証所持者となります。いずれも "ArriveCANアプリ" を使用しカナダ国境サービス担当者に事前に情報を送信し、カナダ・」米国間の国境での新型コロナ対策を理解し遵守することの確約を求められます。いずれのケースも原則、カナダ入国後14日間の自己検疫を確約することが必須であり、違反した場合は罰金の対象となります。アルバータ州の一部の国境では、新型コロナ対策検査に同意した場合、自己検疫の早期終了が認められる場合があります。


Date: Nov. 30, 2020:
カナダ渡航制限 2021年1月21日迄再延長:
最初の渡航制限措置(対象期間: 2020年3月18日から6月30日)を実施して以来 6度、措置が延長されてきましたが、今回 2021年1月21日迄の再延長が発表されました。これにより観光・レクリエーション・ショッピング等を目的とした通常の旅行者のカナダ入国は引き続き制限されます。一方で 2020年12月時点では下記対象者のカナダ渡航・入国が認められております:

カナダ市民(二重国籍者も対象)/ カナダ永住権保持者 / カナダ永住権ビザ発給を受けた者 / 特定の一時滞在・外国人労働者 / 指定のカナダ国内の学校・教育機関に在籍する留学生(有効な Study permit 保有) / 保護対象者 / カナダ人の直系家族 / カナダ人の親族家族(条件があります) / 人道的理由によりカナダ入国を必要とする者 / その他カナダ政府が認める条件を満たす者。

上記いずれもカナダ入国後 14日間の自己検疫が義務付けられます。但し下記対象者は自己検疫義務が免除されます(その他、人道的理由等により自己検疫義務が免除される場合があります):

航空機乗務員 / COVID-19 対応サポートを目的としカナダ政府の招請を受けている者、及び関連医療従事者 / カナダ軍・国防関係者 / カナダ到着後36時間以内にカナダ国内の医療施設で治療を受ける者 / 調査船によるカナダ渡航者 / その他、カナダ移民局が認めた者。

メモ:
上記、いずれのケースもカナダ入国許可の最終判断は、入国審査時の空港入国審査官・CBSA職員(Canada Border Services Agency)に委ねられます。


Date: Nov. 18, 2020:
2020年11月21日以降、カナダを最終目的地として渡航される方は "ArriveCAN アプリ" を使用し、フライト搭乗前にカナダ移民局に渡航情報を提出することが必要となりました: "ArriveCAN アプリ" ダウンロード ⇒


Date: Oct. 30, 2020:
渡航制限措置 2020年11月30日迄延長:
最初の渡航制限措置(対象期間: 2020年3月18日 - 2020年6月30日)を実施して以来 5度、措置が延長されてきました。観光・レクリエーション・ショッピング等を目的とした通常の旅行者のカナダ入国が制限されております。


米国からカナダへの渡航について:
(Date: Oct. 19, 2020):
カナダ・米国の国境閉鎖措置7度目の延長:
ジャスティン・トルドー首相はツイッターで、観光・ショッピング等を目的とする通常の旅行者について、カナダ・米国の国境閉鎖措置を2020年11月21日迄延長することを明らかにしました。職務上重要な事由がある渡航者(= 医療関連分野・重要物資取扱・運送輸出入業の従事者等)は引き続きカナダ入国が認められます。また米国在住のカナダ市民・カナダ永住権保持者、及びこれらの直系親族、法定後見人および家庭教師もカナダへの入国が認められます。なお 2020年10月初旬には家族・要件を満たす親族(= カナダに15日間以上滞在予定)・家族・学生、及び人道的理由による渡航者のカナダ入国制限を緩和、その他、新型コロナ対策の措置を講じているカナダ国内の学校・教育機関(= "DLI" Designated Learning Institutions)に在籍する学生についても 2020年10月20日以降からカナダ入国が認められます。

以上のカナダ入国制限免除措置の下でカナダ入国をするものはカナダ入国時に "14日間の自己検疫計画書" を提示し 14日間の自己検疫の義務が課せられます。なお人道的理由での入国者には、この自己検疫の義務が免除される場合があります。


COVID-19 直系家族のカナダ入国制限解除:
(Date: June 8, 2020)
ジャスティン・トルドー首相は 2020年6月8日、パンデミック宣言後から制限を行ってきたカナダ永住権・市民権保持者の直系家族のカナダ入国を2020年6月8日午後11時59分(東部時間)から認めることを発表しました。カナダ入国後は 14日間の自宅待機(検疫) が義務付けられます。従来は米国籍者だけに制限解除を認めてきましたが、今回の発表で世界各国の国籍者でカナダ永住権・市民権保持者の直系家族の方にも適用されることになります。


カナダ移民局: COVID-19 対策:
(Date: May 20, 2020)
カナダ移民局は暫定対策として、Biometrics(バイオメトリクス・個人識別情報) 採取・提出の期限延長を認めております ⇒ Biometrics 提出期限延長・詳細

Add-On:
(Date: August 1, 2020)
COVID-19 による現在の渡航制限は、短期的にはカナダ移住・受入態勢に影響を与えることになりますが、長期的にはカナダ移住を積極的に受入る体制に変更はなく、カナダ移住・受入人数の増加基調は引き続き維持されます。背景にあるのは、カナダは依然として複数の産業分野での労働力不足、出生率の低下、人口高齢化の問題に直面しており、カナダ移住制度は人口増加傾向維持と労働市場のギャップを埋める為の重要政策となっております。また、カナダの地方小都市への移民数が伸び悩んでいる状況を踏まえ、各自治体独自のプログラム “PNP” (Provincial Nominee Program” の開発に向けた制度策定についても協議されました。PNPは、カナダ国内の地方都市・特定地域の労働者ニーズに合わせた移民プログラムであり、例としてAtlantic Immigration Pilot Program, and the Rural and Northern Immigration Pilot Program 等が運営されております。


カナダ永住権ニュース

カナダ移住 参考リンク

カナダ永住権とは ?
カナダ永住権・キーワード解説
カナダ投資ビザの解説
カナダ大使館 ビザ査証課 状況
このエントリーをはてなブックマークに追加


カナダ人になろう ! カナダ永住権

カナダ永住権 | 法律事務所ロゴ
カナダ投資銀行ロゴ

↑ PAGE TOP

現在位置: Home > COVID-19 入国制限状況アップデート