カナダ大使館・移住申請情報

カナダ投資移民の最新情報 Certified Office Canada
東京都港区虎ノ門 4-3-1 城山トラストタワー 27F
www.tcpm-21.com  Tel. 03-5404-8595

カナダ大使館・ビザ査証業務

カナダ大使館 (東京都港区赤坂・ビザ査証課) に於ける「投資移民・技能移民・家族移民」の各クラスの申請受付は 2011年 6月 30日で終了となりました。現在はカナダ移民局 (Central Intake Office ノバスコシア市)、ケベック州移民局 (モントリオール市) で受付が行われております。 カナダ大使館・ビザ査証課


2012年 4月 30日付でカナダ大使館・ビザ査証課は閉鎖されました。提出済「Study Permit」「Work Permit」の申請ファイルは最終プロセス迄、在日カナダ大使館 (ビザ査証課) で審査が行われました。永住権申請ファイルについてはカナダ大使館 (マニラ市・Visa section) に転送・審査が引き継がれました。
カナダ永住権とは ? Q&A


書類審査について:

Scope:
申請受理・ファイルナンバー発行後、移民局との連絡は Account 作成後、電子メール・Fax・クーリエ便、または指定オフィスを経由した文書送付の方法で行われます。面接が設定された場合の質疑・応答も含め、全記録が保管され、最終段階・上級オフィサーにより精査されます。審査結果について後日、異議申し立てがされた場合、文書記録に基づき再審議されます。

提出する証明書類 (= 納税証明・確定申告書控・決算書類・不動産登記簿・不動産鑑定書・婚姻証明等) は正確な英語・フランス語翻訳を行い、翻訳認証を取得します。その他、職歴・職能証明・管理職の職位証明に関連した Reference letter、Supporting documents は審査に於ける重要書類・カテゴリーに分類されます。


投資移民カテゴリーに於ける重要事項:
  1. 資産証明をするにあたり過去の資産形成が合法的なものであることの証明。
  2. 日本の税法 (= 源泉徴収法・確定申告) とカナダ税法との関連。
  3. 日本で使用されている在職・職能・職位証明とカナダ移民法・米国に於いて求められる Reference letter(s) の要求内容と公証方法の理解。
  4. 事業資産 (貸借対照表) Book value 算定・持分・株の取得歴・税務申告に関する書類内容。
  5. 法人、個人・家族企業に於ける株式持分証明と贈与・相続履歴。
  6. 不動産を資産として申告される場合: 不動産評価証明・登記簿謄本、抵当が設定されている場合、金融機関発行の抵当残高証明。
  7. 相続・贈与で不動産、現金等の資産を申告する場合の注意点。
  8. 移民局から期限内に追加証明書類の提出を要請された場合 (= 通常 60日以内と規定) の対応・5 - 10年以上前の古い書類で取得が困難な場合の対応。

その他留意点:
  1. 在職証明 (Work experience)は学歴 (= 卒業・取得単位証明) と並び、重要審査項目となります。日本で一般に使用されている勤務先名・就労期間・所属部署のみ記した在職証明は移民局の要望事項を満たさないケースが多く通常は追加書類提出を要請されます。
  2. 申請前、または申請中に於ける転職・退職される場合の注意事項。
  3. IELTS スコア・英語力証明について: "技能移民 = Skilled worker class" に於いては "Speaking - Listening - Writing - Reading" のいずれのカテゴリーにおいては通常 "IELTS score 6.0 - 6.5" 以上が要求されます (例外ケースも有り)。但し "CEC class"、カナダ国内の 1 - 2 年制以上の正規カレッジ・大学で Diploma 以上の学位取得者は IELTS 要求スコア基準が緩和される場合があります (= ESL 語学学校は原則対象となりません。)
  4. 投資ビザカテゴリー: 英語力は問われず、IELTS 英語試験受験・スコア提出は要求されません。
  5. 関連記事 > IELTS スコア規定の詳細
  6. 第二外国語: フランス語の Bonus point の取得 + TEF 受験対策。
  7. 警察証明 = Police Clearance proof: 日本国内にお住まいの方は住民票のある都道府県の警察本部の渡航課・鑑識課に申請、通常 2週間で発行されます。海外に居住されている方は最寄の日本大使館・領事館で申請出来ます。但し申請から発行迄 2 ~ 3 ケ月の期間を要しております。
  8. 海外の警察・無犯罪証明: 永住権申請に於いては過去 6ケ月以上居住された外国がある場合、その国の無犯罪証明を提出する必要があります。海外の無犯罪証明は申請から取得迄 2 ~ 6 ケ月程度の期間を要するケースが多く、事前に計画を立てて準備する必要があります。カナダ移民局から海外の警察証明提出を要請される場合、通常 「一ヶ月以内に提出」と条件設定されます。
  9. アメリカ合衆国の無犯罪証明: 米国の警察証明は 「FBI 発行 Police clearance」 及び 「居住されていた州警察発行 Police clearance」 の両方の提出が求められます (一部例外ケースあり)。いずれも申請から発行迄通常、2 ~ 4ケ月程度の期間を要しております。


健康診断について:
通常の健康的生活をされている方はご心配は要りません。しかしガン・HIV 血友病の方はビザ発給拒否の対象となります。初期段階のガンを治癒された方については一定基準を満たされれば認可される場合があります。高血圧 (High 140 ~ 145 よりも高い方) については既往症チェック (脳梗塞・心筋梗塞等の疾患) を大使館から要請される場合があります。

Note #1:
健康診断はカナダ移民局が指定したクリニック・病院で受診出来ます。
(移民局・大使館指定のクリニック・病院は東京を含めた世界各国の主要都市に所在します。)

Note #2:
健康診断を受診してから通常、 3 - 6ケ月以内にビザ発給となりますが、無犯罪証明の再確認等の特別な事情によりビザ発給が遅延した場合 (10 - 12ケ月以上経過・健康診断結果の有効期限は受診日から起算して 12ケ月) の対応につきましてもアドバイスを致します。

法律事務所・受付写真

カナダ移住・参考リンク

私共の取り組み
カナダ移住・よくいただく質問 Q&A
カナダ永住権・概要
カナダ投資移住・概要
Express Entry System の解説
 
カナダ移住・公式ロゴ
法律事務所・カナダ政府認可


↑ PAGE TOP

現在位置: Home > カナダ大使館・ビザ業務